登園に関するお願い

 子どもたちの園生活を眺めていますと、いろいろ指導はしても、集団生活の中で子ども同士の接触を防ぐのは難しいことです。お友達とかかわり合いながら遊ぶことが幼児にとっては一番楽しいことです。それなのに、幼児は小中学生のように常時マスクをしているわけでもありません。

 よって、子どもたちを新型コロナウイルスの感染から防ぐためには、幼稚園内に新型コロナウイルスを持ち込まないことしかありません。そのためには、小中学校以上に保護者の皆様方のご理解とご協力が必要となります。
目に見えないウイルスの防御ですのでわからないこともありますが、万一、園内で感染がおこると、園児の生命が脅かされることになりかねません。
さらに園は休園になり、感染源の調査、クラスター調査のため保護者の方や職員の生活や行動がつぶさに調べられることになります。

いろいろご家庭のご事情があっても必ず守っていただくこと
*** お子様や自分が感染源とならないように ***

  1. 毎朝ご家庭で熱を測っていただき、平熱より高いときは登園を控えてください
    • 体温は日内変動があったり、運動や食後、泣いた後などには高くなったりすることが
      あります。よって平熱を調べられるときは日に4回ほど時間を空けて安静な状態で測定される
      と良いと思います。
  2. お子様の熱が37.1℃以上あるときは登園を控えてください。
    • 平熱が37℃以上のお子様がおられたら園にお知らせください。
      そのときは、お子様についてお聞きし、個別にお医者様に相談します。
  3. お子様の様子がいつもと違ったら登園しないでください。
    • 咳、吐き気、下痢、元気がない、顔色が悪い・・・など
  4. ご家庭で、うがい手洗い手指の消毒をして登園してください。
  5. 幼稚園の入り口で親子とも手指の消毒をしてください。
  6. 園内では保護者の方はマスクの着用をお願いします。
  7. 保護者の方も熱があったり体調がおかしいときは送り迎えを控えてください。

* 万一、ご家族に感染者や感染者と濃厚接触者あるいはその疑いがでられたときは、直ちに幼稚園にご連絡いただきますようお願いいたします。