view: 862

文部科学省

中九州学園はお母さんのようなあたたかみにあふれる幼稚園

出水幼稚園・白山幼稚園・画図幼稚園の3姉妹園で
最大午後6時30分までおこさまをお預かりしますので、お仕事などでお忙しいご家庭でもご利用できる幼稚園です。

025773
幼稚園型認定こども園

出水幼稚園

〒862-0949
熊本市中央区国府2丁目10-39
TEL:096-364-3578

453581
施設型給付の幼稚園

白山幼稚園

〒862-0957
熊本市中央区菅原町6-11
TEL:096-364-7975

007763
施設型給付の幼稚園

画図幼稚園

〒862-0941
熊本市中央区出水8丁目7-40
TEL:096-362-1520

メールでのお問い合わせは nakakyushu-g@jcom.zaq.ne.jp まで

理事長直通のお知らせ等

「挨拶はその人を表す」と言われてます。明るく爽やかなあいさつで1日を始めましょう。

Welcome to Our New Homepage !

ようこそ新しいホームページへ

幼稚園からのお便り等も徐々に各園の在園児専用ページに載せていく予定です。
当分の間は、これまで通りプリントでも配布いたします。
在園児専用ページのパスワードは近日中にお便りでお知らせします。

マスク着用のお願い

幼稚園にお越しのときは、職員との会話もありますので必ずマスクの着用をお願いいたします。

令和3年度入園児のための幼稚園説明会について

  • 出水幼稚園 令和2年9月25日(金)

子育て支援(2歳児)  14:30~
年少・年中・年長    15:30~


  • 白山幼稚園 令和2年9月18日(金)

子育て支援(2歳児)  14:30~
年少・年中・年長    15:30~


  • 画図幼稚園 令和2年9月23日(水)

子育て支援(2歳児) 14:30~
年少・年中・年長      15:30~


ご来園される方は、マスクの着用と入り口で手指の消毒をお願いいたします。今年の説明会は、2回に分けて行い、短時間で終わる予定です。

登園に関するお願い

 子どもたちの園生活を眺めていますと、いろいろ指導はしても、集団生活の中で子ども同士の接触を防ぐのは難しいことです。お友達とかかわり合いながら遊ぶことが幼児にとっては一番楽しいことです。それなのに、幼児は小中学生のように常時マスクをしているわけでもありません。

 よって、子どもたちを新型コロナウイルスの感染から防ぐためには、幼稚園内に新型コロナウイルスを持ち込まないことしかありません。そのためには、小中学校以上に保護者の皆様方のご理解とご協力が必要となります。
目に見えないウイルスの防御ですのでわからないこともありますが、万一、園内で感染がおこると、園児の生命が脅かされることになりかねません。
さらに園は休園になり、感染源の調査、クラスター調査のため保護者の方や職員の生活や行動がつぶさに調べられることになります。

いろいろご家庭のご事情があっても必ず守っていただくこと
*** お子様や自分が感染源とならないように ***

  1. 毎朝ご家庭で熱を測っていただき、平熱より高いときは登園を控えてください
    • 体温は日内変動があったり、運動や食後、泣いた後などには高くなったりすることが
      あります。よって平熱を調べられるときは日に4回ほど時間を空けて安静な状態で測定される
      と良いと思います。
  2. お子様の熱が37.1℃以上あるときは登園を控えてください。
    • 平熱が37℃以上のお子様がおられたら園にお知らせください。
      そのときは、お子様についてお聞きし、個別にお医者様に相談します。
  3. お子様の様子がいつもと違ったら登園しないでください。
    • 咳、吐き気、下痢、元気がない、顔色が悪い・・・など
  4. ご家庭で、うがい手洗い手指の消毒をして登園してください。
  5. 幼稚園の入り口で親子とも手指の消毒をしてください。
  6. 園内では保護者の方はマスクの着用をお願いします。
  7. 保護者の方も熱があったり体調がおかしいときは送り迎えを控えてください。

* 万一、ご家族に感染者や感染者と濃厚接触者がでられたときは、直ちに幼稚園にご連絡いただきますようお願いいたします。

  1. (かしこい頭脳)・(やさしくてがまん強い心)・(たくましい体)の調和のとれた幼児を育てることに努力しています。

  2. 幼児にとって楽しい幼稚園であるように、遊びを中心にした保育の中で、幼稚園教育要領に示されている保育内容を指導し、小学校教育の基礎を培うように努力しています。

  3. 幼児の自発活動を重視し、幼児が自ら遊びを創造していく中で充実感や満足感や成功感、失敗感などを味わい、小学校入学後に、自ら進んで学習する児童の基礎づくりに努力しています。

  4. 龍田町上立田の丘の上に23,000㎡の野外保育場と野外保育室があり、いもうえ、いも掘り、どんぐり拾い、昆虫採集等野外の自然に親しむ保育を重視しています。

  5. 「おはようございます。」「ありがとうございます。」「ごめんなさい。」などが、すなおに口について出る幼児、ご両親やお年寄りなどに感謝し、自分と共に他人も大切にする幼児を育てることに努力しています。

  6. 幼児専用の図書室を設け、絵本の指導に力を注ぐと共に、貸し出し絵本による親子読書も行い、豊かな情操の陶治と想像力や創造力の養成に努力しています。楽器の指導も重視し、音感教育にも意を注いでいます。

  7. 一人一人の幼児を大切にし、幼児が心身の奥深く秘めている無限に近い可能性を信じ、幼児の心に希望の火を点じ、その火が永久に燃え続けるようにとの願いを込めた指導をしています。出水幼稚園では、特別支援が必要な幼児と健常児の統合教育も専門の教師により行っています。

学校法人 中九州学園の特色

たくさん遊びましょう!遊びは幼児期にふさわしい学びです。

幼稚園ってなぁに?

(文部科学省パンフレットから抜粋)

◎幼稚園は学校で、「学校教育のはじまり」です。
遊びは幼児期にふさわしい学びです。
◎幼児期は、知識を教えられて身につけていく時期ではなく、遊びながら学んでいく時期です。
◎幼児はいろいろな遊びをとおしてさらにたくさんのことを学び、身につけていきます。

① 健康な心と体
② 自立心・人とかかわる力
③ 思考力の基礎
④ 言葉の獲得
⑤ 表現力

~そして、小学校へ~

幼稚園での遊びをとおして幼児が学ぶ楽しさを知り、積極的に物事にかかわろうとすることは小学校での学習意欲へとつながります。
そして、社会にでてからも自ら考え、進んで物事を解決しようとするようになります。
(以上、文部科学省のパンフレットから)

建学の精神

一人ひとりの幼児の無限に近い可能性を信じ、その可能性に希望の火を点じ、その火が永久に燃えるようにとの願いを込めた教育・保育を行う。

教育・保育理念
  • どの子どもにも・・・分け隔てなく多様な幼児のために
  • よい環境で・・・安心して遊べるぬくもりのある環境で
  • よい教師による・・・質の高い教師による(目指す教師像)
  • よい教育・保育を行う・・・一人ひとりの能力に応じた教育・保育を行う
教育・保育方針
  1. 広く門戸を開き、一人ひとりの能力に応じた教育・保育を行う。

  2. 一人ひとりの幼児の人格を尊重した教育・保育を行う。

  3. 徒歩通園(歩くこと)を重視した教育・保育を行う。

  4. 健常児と特別なニーズがある子どもが共に育つ統合教育・保育を行う。

  5. 地域社会に密着した教育・保育を行う。

教育・保育目標(目指す幼児像)

知・徳・体の調和のとれた人間を育てます。

    • 個性豊かで思考力に富む人間(知)
    • 豊かな情操とたくましい意欲をもつ人間(徳)
    • 明るく、強く、おおらかな人間(体)

フォトギャラリー

たくさん遊びましょう!遊びは幼児期にふさわしい学びです。
行事の種類や内容は3姉妹園(出水・白山・画図幼稚園)で違うことがあります。

主な年間行事

四季折々の行事をお友だちと楽しみましょう。
  • 家庭訪問
  • 入園式
  • 始業式
  • 親子遠足
  • からいも植え(野外保育場)
  • 保育参観
  • プール開き(中旬)
  • 個別面談(上旬~中旬)
  • 七夕
  • 終業式
  • 夏休み (1号認定のお子様)
  • 預かり保育(8:30-18:30)
  • 夕涼み会(3~4歳児 7月中旬)
  • お泊まり保育(5歳児 7月中旬)
  • 夏休み(1号認定のお子様)
  • 預かり保育(8:30-18:30)
  • 始業式1日(休日の場合は2日)
  • 運動会
  • いもほりとどんぐり拾い遠足(野外保育場)

・秋を楽しもう(落ち葉、松ぼっくり、どんぐり遊びなど)

  • 個別面談
  • 餅つき
  • クリスマス会
  • 終業式
  • 冬休み(1号認定のお子様)
  • 預かり保育(8:30-18:30)
  • 始業式
  • お正月(凧あげ、駒回し、羽子板遊びなど)
  • 豆まき
  • 保育参観
  • お別れ会(幼児のみ)
  • 卒園式
  • 終業式
  • 春休み(1号認定のお子様)
  • 預かり保育(8:30-18:30)

この他、お誕生会、後援会主催のチャイルドバザー、音楽会、近くの公園や野外保育場へのピクニックなど、四季折々のお楽しみがあります。

行事の種類や内容は出水・白山・画図幼稚園の3姉妹園で少し違うところがあります。

教育・保育時間・認定区分および保育料ほか費用について

姉妹園によって異なりますのでご注意ください

認定区分・開園時間、利用可能時間

国が定めた認定区分

1号認定(教育標準時間認定
お子様が満3歳以上で、幼稚園等での教育を希望される場合。

2号認定(満3歳以上・保育認定)
お子様が満3歳以上で、教育 + 保育を希望される場合。

3号認定(満3歳未満・保育認定)
お子様が満3歳未満で、教育 + 保育を希望される場合。

※1号認定の手続きは、幼稚園でいたします。
2号認定と3号認定は、保護者の方がお住いの市区町村に「保育の必要性」の認定を申請される必要があります。手続きは、幼稚園経由でもできます。
※保育認定は、保育標準時間認定(7:30-18:30)と保育短時間認定(7:30-15:30)に分かれています。

幼稚園型認定こども園 出水幼稚園

応募資格

① 1号認定、2号認定、3号認定のお子様
② 子育て支援のお子様(2歳児、保育認定なし)→ 短時間の教育・保育

詳細は幼稚園にお尋ねください。

開園時間および利用可能時間

開園時間:午前7時30分から午後6時30分

休園日:土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始、お盆

その他:職員研修日等で園長が事前に指定した日

*認定区分による利用可能な時間  

① 1号認定(教育標準時間)     午前9時から午後2時

② 2号・3号認定(保育標準時間) 午前7時30分から午後6時30分

③ 2号・3号認定(保育短時間)  午前7時30分から午後3時30分
※半日教育・保育の日は、午前11時30分までです。

*預かり保育  

  1. 1号認定のお子様で、教育時間終了後もお子様の世話をしてほしいときは、預かり保育をご利用ください。
  2. 預かり保育は、教育終了後から午後6時30分までで、1回200円です。
  3. 保育短時間認定のお子様で、午後3時30分以降もお子様の世話をしてほしいときは、預かり保育をご利用ください。午後6時30分までで、1回200円です。
  4. 午前中教育・保育の日は、午前11時30分降園です。しかし、このような日でも多くの場合、希望者には預かり保育を行っています。

施設型給付の幼稚園 白山幼稚園・画図幼稚園

応募資格

① 1号認定のお子様(3-5歳児)
② 子育て支援のお子様(2歳児、保育認定なし) →短時間の教育・保育

詳細は幼稚園にお尋ねください。

開園時間および利用可能時間

開園時間:午前8時30分から午後6時30分

休園日:土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始、お盆

その他:職員研修日等で園長が事前に指定した日

*利用可能な時間  

全日教育・保育の日: 午前9時より午後2時。 
半日教育・保育の日: 午前9時より午前11時30分

*預かり保育  

教育時間終了後も午後6時30分までお子様をお預かりいたします。1回200円です。
夏休み等の長期休業期間中も預かり保育をしています。
長期休業期間の預かり保育は、午前8時30分から午後6時30分までで、1回200円です。

課外活動 (希望者のみ)

  • カワイ・体操教室 (出水幼稚園 ・ 白山幼稚園 ・ 画図幼稚園)
  • カワイ・サッカー教室 (出水幼稚園 ・ 画図幼稚園)
  • ヤマハ・ピアノ教室 (白山幼稚園)
  • ECC英語教室(出水幼稚園・白山幼稚園・画図幼稚園)

保育料ほか費用

各園共通

クラス受入準備費(入園願書提出時)

2,000円

施設整備費及び研修充実費(入園時)

25,000円

幼稚園児(1号・2号・3号認定)の保育料

基本保育料(※1) + 特定保育料(教育環境維持・充実費)500円 / 月

※1 熊本市では基本保険料は1号と2号認定の3~5歳児は無料
 3号認定のお子さんはお住いの市町村よりご家庭・園に連絡があります
保育料は年額を12等分した額ですので8月など休園月も徴収します

子育て支援児(認定なし)の保育料

21,500円

(本園の基本保育料 21,000円 + 特定保育料(教育環境維持・

充実費)500円 / 月)

本園の基本保険料は年間 252,000円 (12ヶ月均等割 21,000円)
保育料は年額を12等分した額ですので8月など休園月も徴収します

スクールバス (希望者のみ)

【往復】 2,500円 / 月  【片道】 1,250円 / 月

可能な限り保護者の方が送り迎えされることをお勧めいたします。
お子様の幼稚園での姿がわかり担任との会話もできます。

出水幼稚園

白山幼稚園

画図幼稚園

昼食

1号認定のお子様
①〜③から選択
但し、4月と春夏冬休み中は給食(副食)はなく弁当持参です。

① 弁当持参

②園で調理した副食

4,500円 / 月
主食(ごはん)は持参です

4,500円 / 月
主食(ごはん)は持参です

4,500円 / 月
主食(ごはん)は持参です

③パンと牛乳の利用

パンと牛乳券(10枚つづり)を園で販売

パンと牛乳券(10枚つづり)を園で販売

パンと牛乳券(10枚つづり)を園で販売

2号認定のお子様
①〜③から選択

① 弁当持参

*****

*****

②園で調理した副食

4,500円 / 月
主食(ごはん)は持参です

*****

*****

③パンと牛乳の利用

パンと牛乳券(10枚つづり)を園で販売

*****

*****

3号認定のお子様

園で調理した給食

*****

*****

子育て支援のお子様
①〜③から選択
但し、4月と春夏冬休み中は給食(副食)はなく弁当持参です。

① 弁当持参

②園で調理した給食・副食

給食:4,500円 / 月

主食(ごはん)も含まれます

副食:4,000円 / 月
主食(ごはん)は持参です

副食:4,000円 / 月
主食(ごはん)は持参です

③パンと牛乳の利用

パンと牛乳券(10枚つづり)を園で販売

パンと牛乳券(10枚つづり)を園で販売

パンと牛乳券(10枚つづり)を園で販売

②園で調理した副食について 出水幼稚園内の厨房にて調理されます。白山・画図幼稚園には配送されます。

お弁当は子どもの体と心の栄養です!親子の愛の架け橋です

時代の流れと共に家庭での手作りのお弁当が少なくなってきていることは寂しいことです。時代は変わっても大切なことは失いたくないものです。幼児期の幼い子どもの子育て・教育において、お弁当ほど温かみのあるものはありません。子どもの視点に立って、子育てをしてみませんか。幼児期は今しかありません。可能ならご家庭からの弁当持参をお勧めします。

子育て・子どもの教育においては下記の5ポイントだけはしっかりおさえましょう。後は気楽に見守っていただければ、お子様は自分の力を発揮しながら成長されていきます。保護者の皆様方の努力と辛抱は、将来お子様の姿として開花します。

① 親は子どもにとって母港的存在となる。
安全(安心)基地。子どもが安心できる居場所  → チャレンジ(挑戦心)

② 子どもの長所も短所も含めてありのままの姿を受容する(認めてあげる)。
好きな遊びをさせ、見守る。見守ってあげる人の存在がポイントです。
 Help(助ける)より Support(支援)してあげる。

③ 生活のリズムを大切にする。
早寝・早起き・朝ごはん・早目の登園

④ 子どものよいところを見つけてタイミングよくしっかり誉める。

⑤ 動と静のバランスをとる。
動: 友達とたくさん遊ぶ(人とかかわる力・コミュニケーション力)幼児は遊びから学びます。 遊び = 学び
静: 静かに人の話を聞く力

 

統合保育・特別支援教育

全教職員で支援が必要なお子様を見守っていきます

出水幼稚園

  • 出水幼稚園には、通常クラスの他に特別支援教育の専門のクラス(もも組)があります。進級時にはもも組から通常のクラスにいくこともできます。
  • 支援が必要なお子様の受け入れは、年少児(3歳児)からです。2歳児での受け入れ枠はありません。
  • 全教職員で支援が必要なお子様を見守っていきます。
  • もも組の幼児と通常のクラスの幼児の交流にも力をいれています。
  • 多様な子どもたち同士のかかわりがあり、幼児に優しい心が芽生え育っています。

 


白山幼稚園・画図幼稚園

  • 白山幼稚園、画図幼稚園には特別支援教育の専門のクラスはありませんが、ご相談の上、通常のクラスで支援していきます。
  • 姉妹園の出水幼稚園と情報の交流や連携を取りながら行っています。

 


個別指導(一対一での指導)

  • 出水幼稚園、白山幼稚園、画図幼稚園では、特別なニーズがある幼児にとって幼稚園生活が楽しく充実したものになるようご希望に応じて無料で個別指導を行っています。
  • 全国に先駆けて中九州学園で始めた温かみのある取り組みです。

出水幼稚園の統合保育・特別支援教育の歴史と紹介

  • 昭和49年9月(補助金制度ができる前)、まだ全国的にもほとんど例がない時期から、創設者と教職員の子どもたちに対する熱い想いから始まりました。
  • 創設者の強い信念とやさしさがあり、そしてそれを支え、実践する教職員がいます。
  • 全国的にもめずらしい全園型統合保育・特別支援教育を行っています。
  • 文部科学省の視学官から「私立幼稚園の心」と賞賛されました。
  • 物に頼りすぎず、教職員との生の触れ合い・かかわりを大切にした「心の教育」を重視しています。
  • 五感などの身体の内外の感覚器がバランスよく発達して、多様な感覚器からの情報が整理・統合され、心身が外界と調和して呼応できるよう、子どもが潜在的にもっている力を引き出すための環境構成・保育を心がけています。
  • 統合保育45年以上の歴史と伝統があり、すでに多くの幼児が巣立ち、卒園児の保護者からも専門家からも高い評価と信頼を得ています。

「出水幼稚園統合保育10周年記念誌」(昭和59年11月1日)より

用語で今日では使われなくなったりしているものもございますが、ここでは原文のままご紹介いたします。特別支援教育も当時は障害児教育といわれておりました。

発刊のことば

 今年は、障害児教育を開始してから満10周年の記念すべき年であります。昭和49年9月に泉先生と2人でダウン症児を主にした11名の障害児の教育を始めましたが、その後、情緒障害児、言語障害児、病虚弱児、聴覚障害児、肢体不自由児等、文字通りすべての心身障害児を受け入れ、今日に至ったのであります。
 「障害児と共に育つ」を合言葉に、全教師が心をひとつにして歩いた10年間は、教師自身にとっては人生修業の日々であり、苦悩と感動の日々でもありました。
昭和56年1月23日の放課後、廊下で顔を合わせるやいなや、「園長先生、きょうTちゃんがハイと返事ができました。」と、あたかも天下でも取ったように報告するK教諭の目に涙が光っていたのを、わたくしは今でも忘れることができません。入園以来10ヵ月間、「ハイ」の指導を毎日繰り返し、はじめて「ハイ」という返事が出たのであります。青春の情熱のすべてを障害児教育に捧げ、幼な児の可能性を信じ、ごくさ細な変容にも大きな喜びと感動の涙を流す教師の生きざまこそ、10年間に亘り本園の障害児教育を支えた唯一の柱であると思います。
 障害児教育満10周年に当たり、本園における障害児教育の足跡、実践研究の記録、教師や母親の苦悩や感動などを収録し刊行して記念事業のひとつとし、障害児教育に携わった先生方や関係各位のご苦労に感謝するとともに、障害児教育の充実に向かって、大きな夢を描きたくましい力をもって前進したいと思います。
 最後に、ご多忙の中に追跡調査にご協力いただいた関係学校や保護者のかたがた並びに、玉稿をお寄せいただいたかたがたに心からお礼を申し上げ、発刊のことばといたします。

昭和59年11月1日
出水幼稚園長 後藤 包


障害児教育10周年記念に寄せて(昭和59年11月1日)より
保護者の方からの玉稿

 「たとえ、どんな障害があっても、一人の人間に違いはない。当然人権は保障されなくてはならないし、幸せな生活、生き甲斐のある毎日を送って欲しい・・・」。
 そういう願いから、私達ダウン氏症の子どもを持つ親は、医学博士森山弘之先生御指導の下に、昭和48年7月から早期療育を始めました。半年たち一年たつうちに、子どもたちも通園適齢期に達し、母親達は「どこか、この子等が
かよえる幼稚園はないかしら。」「何とかして幼稚園の教育を受けさせたい。」と気をもむようになりました。たとえ障害があっても、健常児と一緒に教育を受ける権利がある筈だと話し合っていたのでした。
 そこへ、「障害児を受け入れましょう、という幼稚園が熊本市内にある。」とのお話を県児相の山下先生からうかがいました。でも正直のところ、半信半疑でありました。障害児の受入については、現在でも公立の幼稚園など、堅くその門は閉ざされたままですし、その当時一般社会の風潮は、ちえおくれがあり、手のかかるこの子どもたちを見て下さるところなど、到底あり得ないという悲観的な気持を私たちに与えておりました。そのような時だけに、私たちは光明を得た思いで、その幼稚園の園長先生宅を訪れたのでございます。
 忘れもしません、昭和49年9月3日午後8時、私は同じ会員の山田さんと二人で、後藤園長先生宅にうかがいました。後藤先生は、市内の中学校の校長先生でしたが、特殊学級のキャンプに参加してみて、障害児童に対する単なる同情
というよりも、「この子どもたちの教育こそ真の教育ではないだろうか。」「教育の原点はここにある。」とお考えになり、早速希望退職して幼稚園に障害児を受け入れようと御決断になったとうかがいました。又、先生は脳性まひの理解のため、九州大学に研究生として勉強に行かれたそうです。色々とお話をうかがっているうちに、障害児を受け入れようという先生のお考えは即ち、先生の人間愛による
ものだと心に強く感じたことでした。私も山田さんも目の前が急にパッと明るくなったようで、子どもたちのしあわせをかみしめていました。私たちの早期療育を受けた子どもたちが、そのまますんなりと幼稚園にはいれたということは、本当にラッキィなことだったと思っています。
 それから一週間後、9名の障害児たちが面接を受けに出水幼稚園を訪れました。元気いっぱい走りまわる健常児集団との、はじめての出会いに、どう反応するのだろうかと一抹の不安はありましたが、子どもは子ども同士のテレパシィでもあるのでしょうか、教室にはいって行って、健常児のお絵かきや、作業に興味を示したのでした。
 入園を許可された子どもたちは、それから2年6ヵ月の間、楽しくせっせと通いました。園には、この道ベテランの相良先生をはじめ、もも組専任の泉先生を招かれ、健常児担当のすべての先生方の深いご理解、ご協力のもとで、
子どもたちはすくすくと育っていったのでございます。又、健常児とも、ごく自然の形で交わることができ、運動会、遠足、園内泊等など、数々の行事に参加し、最後の一年間は健常児の組に入れていただき、正に「生命輝く日々」でありました。
教師や親の指導も大切ですが、子どもは子ども同士で学びながら成長するものだとつくづく感じたしだいです。
 統合保育の先鞭をつけられた、後藤先生に心から尊敬と感謝の念を捧げる次第です。お世話になった子どもたちも、中学生になりました。お兄さん、お姉さんの自覚もみえてきました。玉葱や馬鈴薯の皮むき、肉をきざんでカレーライスを作ったり、食後に家族全員の食器や鍋を洗い、ふきんでふいて片付けます。
又、お米を計ってといだり、浴槽を洗ったりお手伝いができるようになりました。その間母親は新聞を読んだりしています。
 このたび出水幼稚園の統合保育10周年を記念して、立派な本が出来上がりましたが、これもひとえに、園長先生をはじめ、諸先生方と子どもたちの愛の結晶であると思います。親の一人として感激にたえません。人間が互いに睦みあい、たすけあっていく社会建設の第一歩であると信じます。
 出水幼稚園が益々御発展になりますようお祈りしております。

子育て支援・預かり保育・2歳児クラス

がんばるパパとママをしっかり応援します

預かり保育

幼稚園の教育時間終了後も午後6時30分までお子様をお預かりいたします。1回200円です。
夏休み、冬休み、春休み等の長期休業期間中も預かり保育をしています。午前8時30分から午後6時30分までです。1回200円です。

子育て支援クラス

子育て支援クラス(2歳児の教育・保育)があります。
特別な支援が必要なお子様の入園受付は年少からでこのクラスでの受付はありません。

子育て支援(おやこひろば) 無料

未就園児のお子様を対象に「おやこひろば」を開催しています。「おやこひろば」は無料です。

入園を検討中の方へ

出水幼稚園は、幼稚園型認定こども園です。お住いの市区町村から保育認定を受けられたお子さまは2歳(3号認定)からお預かりしています。
保育認定を受けられない2歳児のお子様に対して、子育て支援として、短時間の教育・保育があります。詳細は幼稚園にお尋ねください。
未就園児のお子様を対象に「おやこひろば」を開催しています。無料です。
詳細は、出水幼稚園、白山幼稚園、画図幼稚園の各園にお問い合わせください。

園児の募集について

令和3年4月入園希望の方への願書の配布および受付は以下の通りです

  • 願書配布:令和2年9月14日(月)〜
  • 入園願書受付:令和2年11月2日(月)午前9時〜


特別な支援が必要なお子様の入園に関しては、あらかじめ(10月初旬まで)幼稚園に相談してください。
原則として、受入は年少児からですが、園の状況からして余裕があるときは年長・年中児でも受け入れることがあります。

令和3年度は、肢体不自由児の受け入れ枠はありません。

令和3年度の園児募集(出水幼稚園、白山幼稚園、画図幼稚園)

  ① 年長: 平成27日年4月2日から平成28年4月1日生れのお子様

  ② 年中: 平成28年4月2日から平成29年4月1日生れのお子様

  ③ 年少: 平成29年4月2日から平成30年4月1日生れのお子様

  ④ 2歳児クラス(保育認定、3号認定): 出水幼稚園 
      平成30年4月2日から令和2年4月1日生まれのお子様

  ⑤ 子育て支援としての2歳児の教育・保育: 出水 ・ 白山 ・ 画図幼稚園
      平成30年4月2日から令和2年4月1日生まれのお子様

令和3年度入園児のための幼稚園説明会

  • 出水幼稚園 令和2年9月25日(金)

子育て支援(2歳児)  14:30~
年少・年中・年長          15:30~  

  • 白山幼稚園 令和2年9月18日(金)

子育て支援(2歳児)  14:30~
年少・年中・年長          15:30~

  • 画図幼稚園 令和2年9月23日(水)

子育て支援(2歳児)  14:30~
年少・年中・年長          15:30~

*上記の日時以外でもご都合がよい日に来園いただければ、ご説明いたします。

入園を希望される幼稚園へお問い合わせください。

幼稚園型認定こども園

出水幼稚園

〒862-0949
熊本市中央区国府2丁目10-39
TEL:096-364-3578

施設型給付の幼稚園

白山幼稚園

〒862-0957
熊本市中央区菅原町6-11
TEL:096-364-7975

施設型給付の幼稚園

画図幼稚園

〒862-0941
熊本市中央区出水8丁目7-40
TEL:096-362-1520

本園に就職をご希望される方へ

学校法人中九州学園(出水幼稚園、白山幼稚園、画図幼稚園)に就職を希望される方は下記までご連絡ください。

【連絡先】

学校法人中九州学園 理事長 後藤和文
出水幼稚園 096-364-3578

メールでのお問い合わせは nakakyushu-g@jcom.zaq.ne.jp まで